世界の経済動向を
AIで可視化する。

全てこれ一つで効率化!

5分で分かる活用事例と使い方

毎月大手企業を中心に続々と導入されています。

XENO BRAINとは?

需要動向・企業業績への
影響を
可視化する、
「SaaS型AIサービス」です。

※特許取得済みの独自アルゴリズムを使用しています

XENO BRAINの仕組み

経済事象間の因果関係をつなぎあわせ、
将来の経済動向を可視化します。

過去の膨大な開示資料やニュースデータを独自の自然言語処理技術で解析し、
経済事象間の因果関係を抽出することによって、
経済事象に影響を受ける需要や企業業績の変動を予測し可視化します。

AIによって可視化された因果関係から様々な損失リスクや収益機会を予測することができ、全く新しい方法で経営の意思決定をサポートします。

5分で分かる活用事例と使い方

現代に潜む課題

経営環境の複雑化により、
AIによる分析は必要不可欠なものに。

近年、グローバル化やテクノロジーの急速な発展により、
1つの経済事象が国境や業種をまたいで影響を及ぼすようになっており、
企業の経営環境は複雑化しています。

人手であらゆる経済事象の影響を把握し経営判断することが困難な状況において、xenoBrainは最先端の人工知能技術により企業の意思決定をサポートします。

XENO BRAINの特徴

様々なアプローチで分析業務の効率化・高度化を実現。

企業へ影響するニュースを
世界中から自動抽出

時事通信ニュース、Wall Street Journal、日刊工業新聞等の90を超えるニュースを解析し、今後企業に与える影響をリアルタイムに予測します。

気になる企業を『ウォッチリスト』に登録すれば、その企業について直接的に書かれているニュースだけではなく、将来その企業に影響するニュースも含めて網羅的に確認することができます。気づきにくい影響を可視化し、他社に先んじて対策することが可能です。

セクター別に良い予兆・
悪い予兆を集計しランキング化

独自のアルゴリズムによりセクター毎に直近ニュースの影響値を集計し、今後業績が伸びる可能性の高いセクターをランキング化した独自レポートを提供。

M&Aシーンや新規事業において、ターゲット業界の選定及びその評価を客観的な分析に基づいて行うことができます。また営業企画では潜在的優良顧客のターゲットリストを作成することができ、業務の効率化をサポートします。

ニュースからセクター全体の需要や
原料価格への影響を予測

世界中のニュースからセクター需要や原材料価格など様々な経済事象について、それらに影響するニュースを自動で抽出。あらゆる需要や価格の動向を可視化し分析業務を効率化。

また事業計画策定時等に検討の前提となる事業環境の数値をより客観的に評価することで計画の精度を高めることができます。

5分で分かる活用事例と使い方

XENO BRAINを支える強み

世界初のAI経済予測を支える3つの強み。

これからの経済の変化を予測するxenoBrainは、独自の言語解析技術と強力なパートナーシップで分析業務の高度化・業務効率化を実現します。

xenoBrain
ダウ・ジョーンズ社、時事通信社との強力パートナーシップ

ダウ・ジョーンズ社、時事通信社との強力パートナーシップ

特にダウ・ジョーンズ社とのパートナーシップについては、アジア発となるDNAプラットフォームを活用した取り組みにより、世界中のニュースと高度な分析をお届けします。

独自の言語解析技術(特許取得済)

独自の言語解析技術
(特許取得済)

膨大なテキストデータから経済事象とその連関、各企業へ影響する要因を抽出する技術を開発しました。これにより過去の事実データから経済事象の因果関係を抽出し将来予測を実現しております。

日本を代表する金融機関の全面バックアップ

日本を代表する金融機関の
全面バックアップ

三菱UFJ銀行、第一生命、レオス・キャピタルワークス代表藤野氏など日本を代表する金融機関等から出資を受け、全面バックアップのもと開発を続けています。特定の業界に特化せず、経済事象や企業業績の分析シーンにイノベーションを起こし、全く新しい経営の意思決定を実現します。

5分で分かる活用事例と使い方

部門別利用シーン

事業環境が複雑化する近年、限られた時間で経済事象の影響を分析しリスクを網羅的に把握、対応することは難しくなっています。
分析業務を自動化することで、分析時間の短縮や気づきにくかったリスクの発見が可能となり、分析にかかっていた時間をより付加価値の高い業務に活用することができます。

経営企画部門

AIによる新しい示唆と潜在的なリスクの洗い出しで
事業拡大をサポートします。

グローバル化が進展し、自然災害や規制の変更など経済事象同士の連関が複雑化しています。このような状況において、事業に悪影響を与える前にあらゆるリスクを把握し正しく対応することは非常に困難です。AIを活用しリアルタイムに事業のリスクを察知し、全社一丸となってひとつずつ対応していく重要度が増しています。

新規事業・M&Aの
成功確率を引き上げる
新規事業の領域選定時に業種ごとに業績予測を集計することで良い予兆がでている業種を把握することができます。同時に、ニュースからは気づきにくいリスクを把握し、対応を検討することができます。これにより自社にノウハウの少ない新規事業領域やM&A先のリスクを確認することができ、事業の成功確率を引き上げることができます。
ニュースからのインパクトを素早く正確に把握
日々世界で起こっているニュースが、自社及び業界を取り巻く環境にどのような影響を及ぼすのか可視化された因果関係をリアルタイムに確認することができます。これによりマネジメント層は現場層に対して具体的な指示が可能、また現場層はマネジメント層への報告業務をスピードアップできることで、全社でクイックにアクションを起こすことが可能です。
ステークホルダーを
取り巻く事象環境の変化を
いち早くキャッチ
世界中のニュースから子会社や関係会社など事前に登録した企業へのネガティブな予兆をキャッチした際に、すぐに確認することが可能です。顕在化していないリスクを把握し事前に対応することができ、グループ会社全体の減損リスクを低減し業績を安定化させることができます。

調達部門

調達価格・サプライヤーの業績変動予測をもとに
調達リスクを大幅に低減します。

あらゆる事業環境が近年急激に変化しており、IT化に伴う電子部品の供給逼迫や、それに伴う原材料の高騰、または新しい技術による製品性能向上といった、リスクやオポチュニティを事前にキャッチすることが難しくなっています。このような事業環境ではあらゆる経済事象の影響を早期に予測し、対応していくことが肝要です。

情報収集・分析の工数削減
世界中のニュースを一元管理し、事象別や部材別の検索をすることにより効率的に必要な情報を集めて分析することができます。これにより調査及び分析の工数を大幅に削減することが可能です。
マイナー部材も容易に分析
主要調達品カテゴリーにかける調査時間削減により、マイナー調達品を含めて網羅的に価格や需要の変動を調査することができ、広範なリスク管理が可能になります。
気づきにくい情報の獲得
今起こっている経済事象に影響を受ける原材料・部材の需給や価格変動を視覚的に把握することが可能です。突発的な事象が起きた際もその影響をすぐに把握でき、調達コストが高騰する前に原料ミックスの見直しを行うなどアクションにつなげることができます。

営業部門

業績予測AIを活用した営業戦略で
他社との差別化を推進します。

近年ITを活用した顧客管理ツールは数多く提供されていますが、新規顧客開拓、提案ストーリー構築、既存顧客の与信管理にはアナログな部分が残っており他社との差別化が難しくなっています。可視化された将来予測に基づいた新規顧客開拓リストや営業ストーリーで他社と差別化することで競争力を引き上げることができます。また既存顧客の業績予測に基づいて与信管理を徹底することで、思わぬリスクを低減させることも可能です。

営業リストの差別化
業種ごとに業績予兆を集計することで、今後良い予兆がある隠れた有望企業群を見つけることができ他社に先駆けてアプローチすることができます。予測に基づいた営業リストで効率的な顧客獲得をサポートします。
新規提案ストーリーを
見つけ出す
提案先など特定の企業に影響するニュースとその分析だけを表示し効率的に情報収集と分析ができます。これにより将来予測に基づいて今からどのような取り組みができるのかといった具体的な提案ストーリーで受注率を引き上げます。
将来予測に基づき
与信管理を徹底
世界中のニュースから既存顧客など事前登録した企業へのネガティブな予兆をキャッチした際にすぐにお知らせします。まだ顕在化していないリスクを把握し与信管理に活用することができ、これにより突然の解約や買掛金の回収不全のようなリスクを低減することができます。
5分で分かる活用事例と使い方
xenoBrainの導入事例・使い方が5分でわかる資料を無料配布中!
xenoBrainの導入事例・使い方が5分でわかる資料を無料配布中! ダウンロードする